離婚専門行政書士・エノモトのブックレビュー

活字中毒・エノモトのブックレビューです。 離婚関連、子ども関連、趣味関連の本の紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
PageTop

あるきかたがただしくない

あるきかたがただしくないあるきかたがただしくない
(2005/12)
枡野 浩一

商品詳細を見る


あるきかたがただしくない

本をあとがきから読むくせがある。解説は読まない。解説のほうがネタばれ度が高いから、解説者の名前だけ見る。でもあとがきでも時々内容のネタばれがあって、失敗った!と思うこともある。

成功のときもある。
『あるきかたがただしくない』の場合は、成功。
本来あとがきがあるべき部分に、河井克夫氏による『ほかにもいろいろただしくない』解説フォークロア漫画。これは、こんなふうに始まります。

・・・・・以下引用・・・・
むかしむかし あるところに 正直なおじいさんが すんでいました。
そしてその隣には ちょっと、どうかと 思うぐらい正直で
結果的にいじわるに しか見えない 超正直おじさんが すんでいました
・・・・引用終り・・・・

この超正直おじさんが、マスノさん(と馴れ馴れしく呼びたい気がする)。
マスノ氏が、「ちょっとどうかと思うぐらい」正直だということが前もってわかっていると、この本の中で語られるマスノさんの行動やら発言やらを格段に理解しやすくなる。気がする。
自分の失敗談や人に対する批判やら、あ~これは超正直おじさんだからかなぁと。
うん、赤裸々という感じじゃなく、正直。

行きつけのアジアンレストランで、店員から「お連れさんの忘れ物」として渡されたシャツジャケットの顛末。ボタンの付け方から、女物だと思ったが、結局作家の長島有氏(男性)のものだったとか。しかも女物だと思ったことがそもそもマスノさんの勘違いだったとか。
生まれて初めて入ったパチンコ店で、ゴト師に間違えられたりとか。
妄想でトーク&サイン会しちゃったりとか。
元日に年賀状読みながらホットカルピス飲んじゃうとか。

フィクションではありえない、間の悪さというかなんというか、絵にならない感じ。

そんなマスノさんの中のすべてを黒くしてしまうほどの、ただひとつの悲しいこと。
それは、離婚後子どもに会えないこと。

私は、いろんなところで、いろんな形で、離婚後子どもが親に会うのは子どもの権利ですよ、と言い続けてきました。
離婚しても夫と関わりを持つのはちょっと・・・と言うお母さんにも、離婚してから子どもに会うと、子どもが悲しむんじゃないか、と言うお父さんにも。
離婚の書類作成を依頼してくださったクライアントさんにも、大学時代の友人にも、離婚してから全く子どもと会っていないという仕事で知り合ったとても尊敬する同業者にも、保育園や小学校の、子どもと元夫を会わせる機会を作っていないというシングルマザー友達にも。
相手が誰であっても、言い続けてきました。
そして、今後も変わらず言い続けるだろうと思う。

でもでも、そこは人間関係を悪くするのも嫌なので、あくまで小声で。
「子どもにとってはどっちの親とも会えるのが一番いいと思うよ」なんて。

マスノさんは、違います。
大声で訴える。
しかも、「子どものために」なんて一言も言っていない。
ひたすら、
「私が子どもに会いたい」
この潔さ、正直さ。

『ジョゼと虎と魚たち』を見ても、鷺沢萌の訃報に接しても、松尾スズキのことを考えていても、自転車が盗まれても、パソコンが壊れても。
でもやっぱり子どもに会いたいと訴え続ける。

私もここは、大声で、マスノさんに言いたいと思う。
あきらめないで。
子どもに会いたいと思い、会いたいと言い続けるマスノさんは間違ってないよ。
全人類が、「元奥さんの気持ちがわかる」わけでも、「いい加減あきらめろ」という解釈でもなく、そんな「解釈」は私にも理解できない。
むしろ、みんながマスノさんみたいに、正直に、「子どもに会いたい」と言えばいいのに、と思う。

最後に、2箇所だけ引用。
1箇所目は、例えば高校生あたりの課題図書になって、「印象に残った部分を1箇所引用しなさい」というお題がでたら、たぶん一番たくさん引用されるだろうくだり。
・・・・以下引用・・・・
(離婚後ずっと子供に会えない)苦しみを、表立って表現しないことが「男らしさ」だというなら、私は男をおりてもいいと思っています。
・・・・引用終わり・・・・

最後は、そんなマスノさんの男らしさを私が一番感じたところ。
・・・・以下引用・・・・
被害者意識を持っていると人はどこまでも残酷になれる。これからは加害者でいいから、優しくなろうと、ふいに思った。
・・・・引用終わり・・・・

スポンサーサイト

Comment1
PageTop

機能不全家族

機能不全家族―「親」になりきれない親たち 機能不全家族―「親」になりきれない親たち
西尾 和美 (2005/05)
講談社
この商品の詳細を見る


基本的に、他人の悪いところを見るのではなく、いいところを見ようとする。
他人の良くない点を指摘するときは、なるべく攻撃的にならないように気をつける。

人間関係の基本ですよね。
特に、自分にとって大切な人にはそうすべき。
エノモトは、そう考えています。


でも、自分にとって最も大切な人=我が子にも、こういう風に接することができているのか?
ということを考えさせられました。

元々、仕事のつもりで読み始めたのですが、いやはや、身につまされること。
頭ごなしに怒鳴ったり、自分の都合を押し付けたり、自分が悪くてもきちんと謝れなかったり。
こういうこと、やっぱりあるんですねー。


親子関係だって、基本は人間関係なんだ、という当たり前のようでいてなかなか気付くことのない真実を突きつけられます。

身近な人だからこそ、大切にしないといけないっていう真実もね。

でもこれって、対子どもだけじゃなく、対配偶者でも十分当てはまる。
大切だけど、身近過ぎていろんな意味で甘えがでちゃうって点が共通だからかも。


子育てに悩むお母さん・お父さんはもちろん、夫婦関係で悩む人にもお勧めです。

格言二つ。
「あなたの子どもは、あなたの子どもではありません」
章のタイトルになっているのですが、私はこれを大学時代に聞いた、「子どもは神様からの預かり物」という意味としてとらえました。
そのココロは・・・。
まあまあ近いかな。本書を最後をご覧あれ。

「間違っていたら、やり直せばいい。人生に、家族に遅すぎることはない」
何歳になっても、親は親だし、子は子だから、ね。

親子関係で悩んだときの対処法など、かなり実践的です。

Comment0
PageTop

あしたてんきになあれ

あしたてんきになあれ あしたてんきになあれ
永松 美穂子、薩摩 菜々 他 (2005/06)
未知谷
この商品の詳細を見る
子どもに離婚を説明するのに最適な絵本があります。


あしたてんきになあれ 作/薩摩奈々 絵/永松美穂子 出版/未知谷という本です。

作者の薩摩奈々というのは、個人名ではなく、平成14年度に鹿児島家庭裁判所に配置された家庭裁判所調査官のうち、9名の方のペンネーム?らしいです。

絵本の内容もすごく良かったのです。
離婚のこと、お子さまにどうやって説明しようかと悩んでおられるお父さん・お母さんは、本屋さんで見つけたら是非手にとってみてください。


絵本の一番後ろに、「この絵本を読んだお父さんお母さんへ」という文章がついています。
これにものすごく共感したので、一部抜粋したりします。
以下、太字は引用です。


幼い子どもは、自分の身に何が起ころうとしているのかが分からないため、強い不安を抱きます。子どもの想像は、例えば「お父さんがいなくなったのだから、お母さんも突然いなくなるかもしれない」などと悪い方向にふくらみ、見捨てられるのではないかという不安が増大します。

子どものころ、別になんでもないのに夜中「今お母さんが死んだらどうしよう」なんて泣いちゃったことないですか?ないかな?
私はありますね、何度も。
まあ、不安が強い子どもだったのかもしれませんが。
これが、両親が離婚してなくてもそうなんだから、離婚していたらもっともっと不安ですよね。
だから・・・。


親の離婚を経験する子どもは、それを経験しない子ども以上に、親の豊かな情緒的援助を必要としています。
そう、これが言いたかったんです。いつもうまく言えなくて悩んでたんだけど・・・。
だからこそ、面接交渉が重要になってくるのです。


そして・・・。
子どもの誕生は父母にとって最大の喜びであったこと、~中略~、争いを避けるための選択としてやむをえず離婚を選んだことなどを説明し・・・

離婚することと、子どもを愛していることは別問題だということをきちんと子どもに伝えること。

それから、「争いを避けるための離婚」だということを、子どもに説明すると共に、自分でも忘れないようにしてください。

より良い人生を手に入れるために離婚だということを、常に頭に入れておいてください。

お子さまにとっても、いつまでも「離婚してしまった」なんて悩んでいるお母さんorお父さんより、「離婚したけど楽しくやるよ~」って姿を見せる方が絶対にいいはず!と思っています。


実際に当事者の立場に立つと、いろいろ混乱したりイライラしたりすること、あると思うんです。私はよくわかります。

でも、上の二つのことを心の中に常に置いていれば、事態は少しマシになるのでは・・・。

Comment0
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。