離婚専門行政書士・エノモトのブックレビュー

活字中毒・エノモトのブックレビューです。 離婚関連、子ども関連、趣味関連の本の紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
PageTop

三国志

三国志 (1の巻) 三国志 (1の巻)
北方 謙三 (2001/06)
角川春樹事務所
この商品の詳細を見る


「英雄」とは、熱すぎる夢をいつまでも持ち続ける人のこと。
「英雄」になるには、才能は不要。
敢えて言えば、「夢を持ち続ける」という才能だけが必要。

これはずいぶん昔からのエノモトの持論でして。
そういう意味では、この『北方三国志』にも何人かの英雄が出てきます。
が、英雄論は置いといて。

あ、念のため、エノモトは三国志に関しては、これがデビューです。
三国志演義や正史三国志はもちろんのこと、吉川三国志も未読。
吉川三国志に至ってはは、実家にずっとあって、何度もチャレンジしたが1巻の三分の一ぐらいで常に挫折したという、ある意味珍しい本でした。
なんでだろう。『宮本武蔵』は徹夜して読んだのにねー。

で、北方三国志では英雄たちのまわりに、数々の「才能」のある人がでてきます。
北方三国志を読んで、一番考えたことが、「才能」っていったい何なんだろう、ということでした。

三国志中で「才能」ある人といえば、誰もが知ってる諸葛亮孔明始め、対する魏の司馬懿仲達、呉だったら周瑜あたり?
三人とも、その「才能」が文とも武とも分類できない、極めつけの能力の持ち主たち。
それぞれの主君の補佐をするだけでなく、自分で「国とはこうあるべき」という構想、しかも実現可能な構想を抱いちゃうことができる、いわば「プチ英雄」たち。

でも、「才能」ってそんなにすごいものか?
と、天邪鬼のエノモトは考えてしまったわけです。

「才能」っていうのは、人間の持つたくさんのいろんなキラキラしたもののほんの一部であって、それが全てを凌駕するというわけじゃないのではないか、と。
「才能」というのは、環境やら努力やらなんやかんやもあるけれど、多分に持って生まれたものが大半で。

別に、努力が大切だとか、思いやりって必要よね、とか、そーゆー道徳の教科書的なことが言いたいわけじゃなくて。

例えば野球で言えば(例えが野球ばっかりでスマン)、足が速いとか肩が強いとか、ヒットがたくさん打てるとか、そういうのが才能で。
もちろん野球の世界では、足も遅くて肩も弱くてヒットも打てなくて、という輩は用無しですが、『三国志』の世界に生きてる人は、戦国の世を生きてるわけで。

その戦国の世を生きていくにあたって、例えば抜きん出た才能がなくっても、それはそれで、みんな何かしらキラキラとしている。
んー。ただの「人生」じゃなくって「戦国」を生きてるってとこが、キラキラのポイントかもしれません。

馬超につられて曹操に反抗してみたはいいけど、あっさり離間の計にかけられて、日和っちゃう名前も出てこない漢中十部軍の面々とか、孔明先生に我が子とまで思われながら、先走って孔明の天才的な戦略を無茶苦茶にしちゃう馬謖とか、ひたすらなーんにも考えず曹操だけを守る許褚とか、最後まで他人の力をあてにして滅びる張衛とか。とりあえず悪役の董卓だって。ショボさ満載の袁術も。

とりあえず才能があるとは言えない。
でも、みんなキラキラだなぁ、と思うのです。

どっぷりつかれる13冊でした。

スポンサーサイト

Comment0
PageTop

楊家将

楊家将〈上〉 楊家将〈上〉
北方 謙三 (2003/12)
PHP研究所
この商品の詳細を見る


ネタバレ警報です。未読の方はご用心。
今までのレビューは、なるべくネタバレのないように気をつけてたんだけど、今回は例外。じゃないと、書けないから。
しかも、昨日読み終えたばかりの本のレビューを今日書いちゃうという例外っぷり。
寝かせられない。

舞台は、宋が建国された頃の大陸。
現在の中国は、北から遼・北漢・宋と3つに分割されていた。
北漢の将軍・楊業は、帝に冷遇され、ついには宋に帰順することを決断する。
それをきっかけに、北漢は滅び、遼と宋が国境を接し、激しい争いを繰り広げる。
ってとこから、物語は始まります。

楊業には7人の息子がいて、上から延平・二郎・三郎・・・と七郎までいるわけですが、どれも「楊家軍」としての誇りを持っているアッパレな男子たち。中でも、エノモトのお気に入りは四郎。
楊家将後伝・血涙で四郎が主人公の一人になってくるってのはまた別のお話。

宋の楊業に対するに、遼には「白き狼」耶律休哥。
で、この耶律休哥、物語の最初では、遼の国母である蕭太后に対し、あまりにも不遜な物言いが多かったため、完全に干されてる状態。
だが、宋・遼二国時代に入り、楊家軍が宋国内で台頭するにつれ、「対楊家軍」として、脚光を浴びるようになる。

ここでようやく舞台は整い、楊家軍vs耶律休哥、という構造になるわけで。

で、この耶律休哥。彼は、あまりにも天才的な用兵をするため、蕭太后から「独立行動権」を与えられている。軍律もなにもあったもんじゃない。遼の総司令官でさえ、耶律休哥が今どこで何をしてるのかを知らない状態。
周りの軍人たちも、耶律休哥の行動は目に余るというより、はっきり言って気に入らない。が、ここぞというときに現れては、敵に痛撃を与える耶律休哥を蕭太后が買っているため、文句が言えない、という状態。

対する楊家軍。
遼は、基本的に軍事国家。でも宋は文治国家なのです。どっちが良いとか悪いとかじゃなくて、そういうもの。楊家軍は、ある程度の独立性を保っているものの、独立行動圏なんてとんでもない。でも、精強であることは誰もがわかっている。

かくして、楊家軍は常に宋軍の「先鋒」かつ「殿軍」という厳しい配置に置かれ続けることになる。

あ、熱くなりすぎ。

書きたかったのは。
耶律休哥の「独立行動権」。
彼には、しがらみもなければ、そもそも「遼のために戦う」という気持ちを持っているのかどうかも疑問。楊業が宋の帝のために、という熱い気持を持ち続けるのと対照的に。
ただ、気持ちの良い戦をしたいだけ。耶律休哥自身、枷がなくなったようで、羽が生えたようと思っている。

でも、耶律休哥は本当に自由なのか。本当に、思ったとおり行動できるのか。

ってのが現れてくるのが、『楊家将』の一番最後のシーン。
耶律休哥軍は、楊業を討った。
でも、それは宋軍の裏切りのせい。

これで、耶律休哥が満足とは思えない。そして、そして、ここからは本当に妄想の世界に入るけれども、耶律休哥が本当に自由だったら、楊業はああいう死に方はしていない。

楊家軍が宋に帰順するとき、唯一異論を唱えたのが、例の四郎。
四郎は、北漢を見捨て、宋にも帰順せず、楊業が独立し、新たな国を作る構想を持っていた。

でも、もし仮に楊業が独立していたとして、それで楊家軍は自由を得られたか。
それもない。

楊業も耶律休哥も枷をはめられて、自由を求めて。
でも、枷をはめられる道を選んで死んだ楊業に一票。

Comment0
PageTop

二進法の犬

二進法の犬 二進法の犬
花村 萬月 (1998/11)
光文社
この商品の詳細を見る
言わずと知れた芥川賞作家。

この人の描写はものすごく暴力的でエロチックで「吐き気がするからキライ」なんておっしゃる婦女子もたくさん・・・。
もんのすごくエロいやつもあります。『ぢん・ぢん・ぢん』とかね。

かと思えば、『皆月』みたいにそこそこ上品なやつも。
芥川賞の『ゲルマニウムの夜』なんかはものすごく純文学よりでちょい難解だったり。

『二進法の犬』は、そこまで暴力的でもなくエロくもなく、そんなに難解でもない。

というと、なんだか中途半端なようですが、どの要素もそこそこ入っている。初心者にも上級者にもお勧めです。


暴力団の女子高生の娘・倫子×家庭教師・兵輔。
これだけで萬月ファンには何が起こるかはわかろうってもんですが、この二人の関係は萬月氏の本にしては、なんともじれったくていい感じ。

呼び名が「倫子くん」「倫子」「お前」なんてかわっていく過程に柄にもなく興奮してしまう。

それに倫子が「わかってくる」(何をだ)過程も、兵輔が「男になっていく」過程もね。

その変わり方がなんとも愛おしいのです。


途中で急展開します。

Comment0
PageTop

幼な子われらに生まれ

幼な子われらに生まれ 幼な子われらに生まれ
重松 清 (1996/08)
角川書店
この商品の詳細を見る
子どもがいて離婚を考えている人には是非読んでもらいたい1冊です。
離婚していて子どもがいる人との結婚を考えている人にも。

主人公はバツイチ男性、バツイチ女性と結婚している。
そして、前妻との子どもとは離れて暮らし、バツイチ女性の子どもたちと暮らしている。
有り勝ちなパターンかも。

夫婦仲は・・・いい感じ。

離婚後、再婚するというのは結構あること。
その再婚相手が、離婚について理解がある人だった。
子どもをかわいがってくれる。
お互いにいたわりあい、愛し合うことができる。
これって、離婚後のベストの形のひとつでしょう。


それでも、やはり起こってくるんですね、いろんな小さな事件。
再婚相手との子どもとの関係、別れた妻との間の子どもの関係。

決して不真面目ではなく、真摯で、いたわりの気持ちをもっている夫婦同士で起こってくるいろんな問題。


離婚前・再婚前の心構えとして、「こういうことが起こる可能性もあるんだ」ということをちらっと覗き見るにはいいのでは・・・。


「ナイフ」「エイジ」といった代表的重松本しか読んだことのない方にはちょっと重いかも。

でも、最後にちらっと、ほんとに小さいけどちらっと光が見えるところはしっかり重松調。

Comment0
PageTop

双頭の鷲

双頭の鷲 双頭の鷲
佐藤 賢一 (1999/01)
新潮社
この商品の詳細を見る
佐藤賢一の本一番の特徴は、フランスもの???
違います。
彼の作品の一番の特徴は、なんといっても「聖なるものと俗なるものの混淆」です。
なんて私はずっと思ってました。

これ、実はかのヴィクトル・ユゴーの唱えた「ロマン主義」の主張まんまなんですね。恥ずかしながら佐藤賢一現時点(2006年4月)の最新作、『褐色の文豪』で知りましたが・・・。

そんな佐藤賢一作品はどれも傑作です。でも『双頭の鷲』がなんと言っても最高傑作。
この本の中には、人が生きていて感じる全ての感情が詰め込まれているのです。いや、ほんとに。

男女間の愛情一つとっても、せつなーい初恋から、穏やかな夫婦の愛情、性欲だけの愛、倦怠期の愛(?)までいろいろありますよね。全部書いてあります。極め付きのプラトニックも・・・。

ほかにも、家族や兄弟間の憧れと葛藤、友情、嫉妬、名誉欲、堕落から自暴自棄からあきらめから復活から。ほんと全部です。

よく「上司に読ませたい本No.1」なんて企画やってますが、これは上司にも部下にも同僚にも、彼氏にも彼女にも夫にも妻にも子どもにもぜひ読ませたい!
あ、力はいりすぎ・・・。

そこそこ長編ですが、「これでもはしょってるやん~」という主人公・ベルトランの波乱万丈の人生と、佐藤賢一特有の「ちょっと調子にのって筆すべりがち」的な絶好調の文体で、じゃんじゃん読めます。
難を言えば、フランス史を全く知らない人はフランス独特の政治体制がわかりにくいかもだけど、佐藤賢一入門としてもお勧めです。

Comment0
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。