離婚専門行政書士・エノモトのブックレビュー

活字中毒・エノモトのブックレビューです。 離婚関連、子ども関連、趣味関連の本の紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
PageTop

あしたてんきになあれ

あしたてんきになあれ あしたてんきになあれ
永松 美穂子、薩摩 菜々 他 (2005/06)
未知谷
この商品の詳細を見る
子どもに離婚を説明するのに最適な絵本があります。


あしたてんきになあれ 作/薩摩奈々 絵/永松美穂子 出版/未知谷という本です。

作者の薩摩奈々というのは、個人名ではなく、平成14年度に鹿児島家庭裁判所に配置された家庭裁判所調査官のうち、9名の方のペンネーム?らしいです。

絵本の内容もすごく良かったのです。
離婚のこと、お子さまにどうやって説明しようかと悩んでおられるお父さん・お母さんは、本屋さんで見つけたら是非手にとってみてください。


絵本の一番後ろに、「この絵本を読んだお父さんお母さんへ」という文章がついています。
これにものすごく共感したので、一部抜粋したりします。
以下、太字は引用です。


幼い子どもは、自分の身に何が起ころうとしているのかが分からないため、強い不安を抱きます。子どもの想像は、例えば「お父さんがいなくなったのだから、お母さんも突然いなくなるかもしれない」などと悪い方向にふくらみ、見捨てられるのではないかという不安が増大します。

子どものころ、別になんでもないのに夜中「今お母さんが死んだらどうしよう」なんて泣いちゃったことないですか?ないかな?
私はありますね、何度も。
まあ、不安が強い子どもだったのかもしれませんが。
これが、両親が離婚してなくてもそうなんだから、離婚していたらもっともっと不安ですよね。
だから・・・。


親の離婚を経験する子どもは、それを経験しない子ども以上に、親の豊かな情緒的援助を必要としています。
そう、これが言いたかったんです。いつもうまく言えなくて悩んでたんだけど・・・。
だからこそ、面接交渉が重要になってくるのです。


そして・・・。
子どもの誕生は父母にとって最大の喜びであったこと、~中略~、争いを避けるための選択としてやむをえず離婚を選んだことなどを説明し・・・

離婚することと、子どもを愛していることは別問題だということをきちんと子どもに伝えること。

それから、「争いを避けるための離婚」だということを、子どもに説明すると共に、自分でも忘れないようにしてください。

より良い人生を手に入れるために離婚だということを、常に頭に入れておいてください。

お子さまにとっても、いつまでも「離婚してしまった」なんて悩んでいるお母さんorお父さんより、「離婚したけど楽しくやるよ~」って姿を見せる方が絶対にいいはず!と思っています。


実際に当事者の立場に立つと、いろいろ混乱したりイライラしたりすること、あると思うんです。私はよくわかります。

でも、上の二つのことを心の中に常に置いていれば、事態は少しマシになるのでは・・・。
スポンサーサイト

Comment0
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。