離婚専門行政書士・エノモトのブックレビュー

活字中毒・エノモトのブックレビューです。 離婚関連、子ども関連、趣味関連の本の紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
PageTop

楊家将

楊家将〈上〉 楊家将〈上〉
北方 謙三 (2003/12)
PHP研究所
この商品の詳細を見る


ネタバレ警報です。未読の方はご用心。
今までのレビューは、なるべくネタバレのないように気をつけてたんだけど、今回は例外。じゃないと、書けないから。
しかも、昨日読み終えたばかりの本のレビューを今日書いちゃうという例外っぷり。
寝かせられない。

舞台は、宋が建国された頃の大陸。
現在の中国は、北から遼・北漢・宋と3つに分割されていた。
北漢の将軍・楊業は、帝に冷遇され、ついには宋に帰順することを決断する。
それをきっかけに、北漢は滅び、遼と宋が国境を接し、激しい争いを繰り広げる。
ってとこから、物語は始まります。

楊業には7人の息子がいて、上から延平・二郎・三郎・・・と七郎までいるわけですが、どれも「楊家軍」としての誇りを持っているアッパレな男子たち。中でも、エノモトのお気に入りは四郎。
楊家将後伝・血涙で四郎が主人公の一人になってくるってのはまた別のお話。

宋の楊業に対するに、遼には「白き狼」耶律休哥。
で、この耶律休哥、物語の最初では、遼の国母である蕭太后に対し、あまりにも不遜な物言いが多かったため、完全に干されてる状態。
だが、宋・遼二国時代に入り、楊家軍が宋国内で台頭するにつれ、「対楊家軍」として、脚光を浴びるようになる。

ここでようやく舞台は整い、楊家軍vs耶律休哥、という構造になるわけで。

で、この耶律休哥。彼は、あまりにも天才的な用兵をするため、蕭太后から「独立行動権」を与えられている。軍律もなにもあったもんじゃない。遼の総司令官でさえ、耶律休哥が今どこで何をしてるのかを知らない状態。
周りの軍人たちも、耶律休哥の行動は目に余るというより、はっきり言って気に入らない。が、ここぞというときに現れては、敵に痛撃を与える耶律休哥を蕭太后が買っているため、文句が言えない、という状態。

対する楊家軍。
遼は、基本的に軍事国家。でも宋は文治国家なのです。どっちが良いとか悪いとかじゃなくて、そういうもの。楊家軍は、ある程度の独立性を保っているものの、独立行動圏なんてとんでもない。でも、精強であることは誰もがわかっている。

かくして、楊家軍は常に宋軍の「先鋒」かつ「殿軍」という厳しい配置に置かれ続けることになる。

あ、熱くなりすぎ。

書きたかったのは。
耶律休哥の「独立行動権」。
彼には、しがらみもなければ、そもそも「遼のために戦う」という気持ちを持っているのかどうかも疑問。楊業が宋の帝のために、という熱い気持を持ち続けるのと対照的に。
ただ、気持ちの良い戦をしたいだけ。耶律休哥自身、枷がなくなったようで、羽が生えたようと思っている。

でも、耶律休哥は本当に自由なのか。本当に、思ったとおり行動できるのか。

ってのが現れてくるのが、『楊家将』の一番最後のシーン。
耶律休哥軍は、楊業を討った。
でも、それは宋軍の裏切りのせい。

これで、耶律休哥が満足とは思えない。そして、そして、ここからは本当に妄想の世界に入るけれども、耶律休哥が本当に自由だったら、楊業はああいう死に方はしていない。

楊家軍が宋に帰順するとき、唯一異論を唱えたのが、例の四郎。
四郎は、北漢を見捨て、宋にも帰順せず、楊業が独立し、新たな国を作る構想を持っていた。

でも、もし仮に楊業が独立していたとして、それで楊家軍は自由を得られたか。
それもない。

楊業も耶律休哥も枷をはめられて、自由を求めて。
でも、枷をはめられる道を選んで死んだ楊業に一票。
スポンサーサイト

Comment0
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。